TOEIC勉強法と試験対策

HOME > TOEICのスコアは何点くらいから履歴書に書くべきか

履歴書に書けるTOEICのスコア

一般には600点台半ばからか

筆者は人材紹介・派遣会社や人事部での経験があるわけではないので、一体何点くらいなら履歴書に書けるのか正確な判断は難しいのですが、300点や400点台ならば受験しなかったということにして書かないほうがよいと思います。英語が直接業務に関わりのない職種であれば、600点台半ばから後半あれば基礎的なことがわかる、英語を話すお客様のご案内ができる、電話の応対ができるなどのアピールができると思います。

英語が業務に必須というような業種・職種の場合は、700点以上ない場合、書くのは見合わせたほうがよいかもしれません。友人の会社では入社条件に730点以上というハードルを設けているそうです。ただ、これだけあれば英語力は問題なし!というわけではなく、実際の業務を進める上ではあくまで基本的な目安となります。全社的にTOEICが義務付けられているような会社の場合、一般的には平均点は低めになるかと思います。とはいえ、全員が受験していますので彼らの基準で言う平均程度はないと厳しい目で見られるかもしれません。

昇進の条件として760点以上

社内の昇進の要件としてTOEICの点数基準を設けているケースも最近よく聞きます。 友人の勤務するS社では課長以上は930点以上必須。下回ると降格(厳しいですね・・)と聞きます。また別の友人の勤務するA社では業務内容に関わりなく、300点を割り込むとクビという噂があるそうで、こちらは最低ラインを維持せよとの暗黙のプレッシャーでしょうか。ただ、日系の企業でも最近は社内すべて英語化するなどの動きをしているところもあり、こうなってくると、TOEIC900点はないと実際にやっていくのが困難と思われます。もっとも、900点あるからといって、会議や打ち合わせ、報告書や企画書などすべて英語でやるとなれば、簡単にはいきません。はじめて受ける方は、700点以上を、英語がそこそこ得意だということを面接などで言うつもりの方は、800点以上はとっておきたいものです。

会社によってかなり認識に差のある「上級」

英語を使うが皆あまり得意ではなかったり、年配の人が多いなどの会社は平均点が低くなりがちですが、逆の場合、900点以下がいなかったりするケースもあります。また、理系職種のほうがどちらかというと文系職種もよりも平均点は低くなるようですが、これはもちろん個人差や業種にもよると思います。また外資系企業などで、履歴書から面接まですべて英語になる場合、TOEICのスコアが高くても、話す英語がたいしたことなかったり、意思疎通が行えていないと判断されれば、履歴書に何点書こうとあまり意味はありません。書類選考には効果があるでしょうが、受験企業が求める英語レベルも考慮する必要がありそうです。

TOEIC対策、英語学習に使った教材