TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > TOEICは英語資格のなかでどういう位置づけなのでしょうか。

TOEICは英語資格のなかでどういう位置づけなのでしょうか。

TOEICは今のところ日本と韓国でもっともメジャーな英語資格となっています。これらの国で就職しようと思ったら必ずといっていいほど聞かれる英語資格ですが、海外企業へ就職する場合は、残念ながらまだあまり効力が高いとは言えません。日本に事務所を構えており、日本人の学生を欲しがっている外資系企業ならばTOEICのハイスコアは意味がありますが、現地企業に直接応募する場合は、他の資格もあわせて受けておいたり、あるいは海外の大学での学位取得も検討したほうがよいでしょう。

日本や韓国以外の海外企業でも知名度がある資格としてはTOEFL、ケンブリッジ英検などがありますが、資格があるからといって英語ができるとはみなされない点に注意が必要です。面接で実際に話してみてどうか、という点が重要です。それ以前に、提出したレジュメに興味を持ってもらえるかどうかという点が海外企業への応募では重要となるでしょう。

TOEIC対策、英語学習に使った教材