TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > この春卒業する高校生ですが、TOEICの受験を考えています。大学の語学のクラス分けにも使うようで、受験英語との違いを教えてください。

この春卒業する高校生ですが、TOEICの受験を考えています。大学の語学のクラス分けにも使うようで、受験英語との違いを教えてください。

センター試験に似た部分もありますが、問題が多くなります。またリスニングの比重が全スコア990点の半分を占めるため、受験英語よりもこの部分のウェイトがまず違います。

問題量がセンター試験よりも増えるため、必ず模擬試験問題集を手に入れ、通しでといてみる必要があります。

ほか、受験英語とTOEICの違いといえば、文法の正確性を見る問題は格段に減ります。なんとなくこれではないかというような記憶をたどった回答法でも、英語をよく聞き込んでいる人ならば、文法の細かい理屈がなくとも正答できてしまう問題が多いです。

どちらかというと、すばやく文章の内容を把握する能力、リスニングならば前の読まれた文章の内容を覚えておく記憶力といった部分が重要となりいます。

これらを念頭に、長文読解などが苦手であれば、文章の大枠をすばやく理解できるよう鍛えておくとよいでしょう。TOEICいは英作文も、和訳もありません。そもそも英語の問題の中には日本語は一切出てきません。あまりひねった問題も出ませんので、裏を読みすぎず、素直にといていくとよいでしょう。

TOEIC対策、英語学習に使った教材