TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > 外資系でのTOEIC、どれくらい必要か

海外に本社のある外資系企業を受けたいと考えていますが、TOEICは何点くらい必要でしょうか。

外資系企業と一口に言ってもいろいろあります。米国系なのか、英国系なのか、スウェーデン系なのか、中国系なのか、フィンランド系なのか、アラブ系なのか、ともかく日本に展開している知名度の高い外資だけでも、本当に様々な国の「外資系」企業があります。

グローバルに展開する日本企業の多くは、もはや多国籍企業の様相を呈しつつありますが、これは外国勢から見ればかなり遅れた動きで、「どの国の企業」なのかもはや問題にならないような企業は多数あります。

多国籍企業の中で全社的にTOEICを採用している企業は日系や韓国系が多いため、欧米系はどうなのか不明ですが、採用しているところの基準スコアは、管理職で900点以上は求められていますので、このくらいはないと業務に支障が出るというところでしょうか。最も、英語が全くわからないという場合は厳しいかもしれませんが、会社によって社内公用語がどうなっているのかは違いますし、本社との連絡がどのようになされているのかもまちまちですから、現在スコアがあまりとれていないという場合は、これから勉強していく意志があることをアピールするとよいかもしれません。

TOEIC対策、英語学習に使った教材