TOEIC勉強法と試験対策

HOME > TOEICリスニング試験対策 > TOEICのリスニング問題 パート3:会話問題の対策について

TOEICリスニング問題 パート3:会話問題(30問)の攻略と対策

TOEICリスニング、パート3の会話問題。聞く前に読め

次は二人の話者による少しまとまった会話が流され、それについて質問が三つ出ます。リスニングで多くの人がつまづきはじめるのはここからです。会話内容は問題用紙に書かれていませんが、ここからは回答の選択肢が書かれています。

攻略テクニックとヒント

このパートでは、長めの会話が始まる前に、問題用紙に書かれた質問(3問)に目を通しておくことで、一体何について聞き取ればよいのか知っておくことが大切です。これを忘れると、正答率はぐんと下がります。意外に思われるかもしれませんが、TOEICのリスニングでは特に瞬間的な記憶力がものをいいます。ただ、これも何について聞けばよいのかあらかじめわかっていれば、読み上げられた文章が全部わからなくても最小の記憶で解答ができます。このパートでは二人の話者の会話のやり取りが続くため、それらを全部記憶しておくことは困難です。しかも問題は回答したそばから次の読み上げがはじまります。「何について聞けばよいのか?」を教えてくれる選択肢を事前に読むことは必須です。

このパートから、前の問題でまごついていて次の問題を落としてしまう「引きずり」が深刻になってきます。一つの会話に対して、問題が3つありますので、前の問題で選択肢に迷っているうちに本文を聞き逃すと次の3問は確実に落としてしまいます。切り替えが重要です。

TOEIC対策、英語学習に使った教材