TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 筆者プロフィール

筆者プロフィール

30代のサラリーマンです。TOEICの自己ベストは2010年の950(リスニング495点(満点)、リーディング455点)。今は地方の中小企業で海外営業を担当しています。我流のジャパニーズイングリッシュで、アジアや中東、アフリカなどの非英語圏の方々と喧々諤々?のやり取りで日々汗を流しております。

パンチパーマ(天然かどうかは不明)で金色のネックレスをつけたヤンキーのような先輩に「まずはやってみろ」と叱咤され、とにかく酒好きで声がでかくマッチョで豪胆な上司、パンク好き帰国子女という通称お嬢の暴走(ほうっておくと取引先と喧嘩します)を抑えつつ、海外担当の一員として、日々是勉強也と営業にも一応精を出しております。だいたい毎月2週間程度は出張で日本を離れます。

しかし、この仕事をはじめて英語を公用語としている国なのに怪しげな英語を駆使する人たちの多いことに驚きました。目下の課題は、正確な英語を使うというよりも、こちらの伝えたいことをいかに的確に伝える表現を探すかという点です。あとその地域でしか使われていないような固有の英語表現や言葉は慣れるまではほんとに参りますね。せめてもの救いは共通の業界用語くらいです。

今は毎日仕事で英語を使いますが、中学の頃から英語の文法がわからず、「とても」苦労してきました。白状すれば三単元のSとか、過去分詞とか文法用語は今でもいまいちイメージが持てません。大学では英語のできる周囲の友人たちを見るにつけ、英語コンプレックスに悩まされ、なんとなく英語を倦厭するようになり、勉強もあまりしていませんでした。

ちなみに、同じ部署の面々にTOEICについて尋ねたところ、
ヤンキー風先輩:俺は向こうの大学を出てんだ。なんで受ける必要があんだよ。
お嬢:受けたら2000点?余裕でそれくらいとれると思う(※990点が満点です)。
マッチョな上司:700前後か。時間がない。中国語も勉強せにゃならんし、朝の通勤電車を英語の時間にしてるぞ。半分くらいは寝てるがな。ハッハッハ!

TOEICのスコアにはあまり偶然というものがありません。たしかにマークシートなので、どうしてもわからないところが偶然正解になったということはあるかもしれませんが、普段600点前後だったのに偶然に900点を超えることはあまりないと言えます。きっちりと実力を養っていくことが後々のためにもなりますが、時間のない多くの人にとっては短期間でいかに高スコアを取得するかというのも重要なポイントといえます。

このサイトでは筆者が実践してみたTOEICの勉強法や、勉強仲間たちから聞いたユニークな方法、血の気の多い海外営業チームの面々から聞いた方法、オーソドックスな方法などを分類してまとめていきます。

これからTOEICの勉強をしなくては!という方は、ぜひ今日からはじめてみてください。ちょこちょこと空いた時間を有効利用していくことが時間がない人にとっては最初に身に着けるべき習慣です。なるべく無駄な手を打たずに進めたいと考えたくもなりますが、筆者の場合、とりあえずやってみた勉強法は何らかの形で役立っていますので、まずはスタートを切ることをおすすめしたいですね。

TOEIC対策、英語学習に使った教材