TOEIC勉強法と試験対策

HOME > TOEICリーディングの勉強法

TOEICリーディングの勉強法について

リーディング勉強法のポイント。時間配分は自分で決める

TOEICで高スコアを狙っていこうと考えるとき、まずリーディングセクションがリスニングとは違い、時間配分を自分で考えながら進めなくてはならないという点に留意しなくてはなりません。「何を当たり前な」と思われるかもしれませんが、ある程度英語がわかる方でも時間配分をうまくできないと、リーディングパートはとても最後の問題まで回答することができません。リスニングではただ流れてくる放送に従い、受動的に、ひたすら受身で問題をさばいていけばよかったのですが、このパートではそうはいきません。時間配分や問題を解く順番については、やりやすさに個人差があるため、何度か模擬試験問題集をやってみて見つけ出しておきましょう。本番の試験で、どれから解き始めるかで迷ってしまって時間を失うことの無いように!はじめて受験される方には以外かもしれませんが、TOEIC試験、とくにリーディングでは本当に1秒も無駄にはできません。

2系統の対策が必要

このリーディングパートの勉強法としては、大きく分けると「短文穴埋め・長文穴埋めなどのいわゆる穴埋め形式の問題の対策」と、「読解問題の対策」の2系統の対策が必要です。

ざっくりとした言い方をしてしまえば、次の通りです。

TOEIC対策、英語学習に使った教材