TOEIC勉強法と試験対策

HOME > TOEIC 500点以上を目指す勉強法

TOEIC勉強法:初心者向け(500点以上を目指す)

どんなことをするのでも、最初からすべてを理解できる人はいません。英語を学び始めたとき、筆者もその奇怪な文字にショックを受けたのを覚えています。ABCをひたすらノートに書き、漢字を練習するようにアルファベットを覚えました。また英語のテープを聞いても一体どこからどこまでが単語やら言葉になっているのかまったく切れ目がわからず、唖然としたのを覚えています。今でもほんとに早口でスラングやらの表現がたくさん入っていれば、当然同じ心境になります。

英語は中学や高校のときに無理矢理やらされていたが、ほとんど勉強しなかったという方もいるでしょう。語学の学習は、何も机の上だけでするものではありません。日本語を習得するのに、じっと机に座って本だけを読んだり、問題を解いたりしたでしょうか。まわりで使われている膨大な量の日本語を日々耳で聞いて、どんなときにどんな言い方が使われるのか無自覚にうちに学んできたのではないでしょうか。これを外国語に使わない手はありません。

語学を身に着けるのは常に実践に近い形で行うのが望ましいです。ましてやTOEICは、受験勉強で問われるような瑣末な問題群や和訳や英訳などではありません。英語を英語として理解できているかを問うものですので、学校でやってきたような勉強法が最適とは限りません。

TOEICスコアが500点に満たないという方は、まずリスニングのスピードに慣れることからはじめるとよいでしょう。TOEICのリスニングは、簡単なものと、少々難しいものとが混在しています。聞いていてほとんどわかるくらいの速度で読まれるリスニング教材を徹底して聞き、段々にレベルの高いものに変えていくと良いでしょう。何よりも、英語に触れる時間を増やしていくことです。1日数時間を英語の本を読むというのは、好きなテーマのものでも負担になると思いますので、まずは耳で聞くタイプの教材を使っていくのがベターでしょう。このとき、7割以上はわかる内容のものを選ぶほうが効果が出ます。リスニングで7割以上わかるということは、大意のほか、集中すれば一部細かい部分についても理解できるという状態です。

TOEIC対策、英語学習に使った教材