TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 大学生のためのTOEIC勉強法について

大学生のためのTOEIC勉強法

求められるTOEICスコア

昨今、就職活動で履歴書に書いていないと会社によっては面接官に問われたり、また大学院の英語の試験をTOEICスコアですませてしまう学校も増えてきています。何もTOEICだけが英語力ではありませんが、これほど国内でも認知された資格はありませんので受験して損はありません。 多くの企業活動は海外企業との取引を抜きには成り立たなくなりつつあります。これは大手に限らず中小企業にしてもそうです。したがって海外と直接やり取りする部署ではなくとも、TOEICスコアを求められることがあります。

受験英語だけでは対応できない試験内容

ほとんどの大学生は受験英語をこなしてきているかと思いますが、大学に入ってどれくらい英語を使っているのかによって語学力も大きく差がついてしまっています。もともと英語が得意だったという方以外は、一夜漬けで高スコアというのは難しいテストです。言ってみれば、大量の英語をおおまかに処理する能力が求められるので、リスニング、リーディングともに問題の数をこなして慣れていくしかありません。まずは模試タイプの問題を制限時間を決めて解いてみてください。これで自分が今どの分野がわからないか、どれくらいわからないのかある程度見えてきます。ほとんどスコアが取れなかった、という方はあわてずにわかるところまで戻りましょう。TOEICの問題は、やさしいものから難易度の比較的高いものまでいろいろなレベルで構成されています。ある程度のレベルに達している人は、この模試タイプのものをひたすらやるだけでもスコアがぐんと上がりますが、スコアがほとんど取れなかったという方は基礎からやっていくことをおすすめします。

TOEIC対策、英語学習に使った教材