TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > TOEICスコア900点以上で100万円の報奨金を出すソフトバンク

TOEICスコア900点以上で100万円の報奨金を出すソフトバンク

加速化する海外展開、グローバル化に対応するため、社内での公用語を英語としたり、TOEICのスコアを入社や昇進の条件として義務付ける企業は大手を中心にますます増えてきており、最近ではこうした基準も特に珍しくなくなってきました。

こうした環境の中で、ソフトバンクはTOEICのスコア900点以上取得した社員に報奨金100万円出すという思い切った社内制度を導入しました。ちなみに、900点以上なら100万円ですが、800点以上なら30万円が支給されるということです。わずか数十点から100点の違いで、70万円も差が出ていますが、それだけ900点以上の英語力は持っていてほしいという現れでしょうか。

企業内での英語の必要性には実は世間で言われている以上に切羽詰ったものがあります。小さいながら当社でも海外に工場がありますが、現地とのやり取りは中国拠点以外は英語が全てです。現地法人にも当然英語の分かるスタッフを雇用しているからで、肝心の本社のほうが英語が分からないでは、すべてを駐在員だけで仕切る必要があり、業務がまわらなくなってしまいます。部署によっては込み入った案件で、担当部署同士が話をしないと、間に通訳をする部署が入ってもコミュニケーションがうまくいかないことがあり、技術面、効率面の両面からどの部署でも英語ができる人材の必要性が高まっています。

それにしてもあれだけの社員数がいながら100万円とは思い切ったことをします。TOEICはきちんと勉強し、積み重ねていけば必ず900点以上はとれる試験です。990点の満点となると、少々注意すべき点が多くなるのでなかなか難しいのですが、900以上ならば努力次第で誰でも可能です。

TOEIC対策、英語学習に使った教材