TOEIC勉強法と試験対策

HOME > TOEICリーディングの勉強法 > 長文穴埋め問題の対策

TOEICリーディングの勉強法、長文穴埋め問題の対策

長い文章は飾り。回答に必要なところだけを見極める

以前のTOEICなどは間違え探しなどの問題パターンもあったのですが、現在はそうしたものはなく、「英語の理解」という面ではよりスピードを重視した問題構成になっている気がします。

このパートも短文穴埋めとほぼ変わりませんので、特にこの部分だけを勉強したいという場合は、同じ問題形式のものを繰り返しといてみる練習がよいでしょう。また、文書のすべてを読まずに空欄の前後からほとんどの問題は正答が導き出せてしまうので、なるべく読む箇所を減らして回答する練習してみるのもよいと思います。もちろん、速読が使えて、数秒で文章全体が読めてしまうというのであればこうした練習は不要ですので、むしろ短文穴埋めでやるような勉強法が効果的です。読解問題とは趣旨が違いますので、あくまで短文穴埋め中心の学習法がおすすめです。

TOEIC対策、英語学習に使った教材