TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 海外営業部へ配属される

海外営業部へ配属される

このコーナーでは、筆者が海外営業部に配属されてからの日々について思いつくままに書き記していきます。

筆者は国内営業ということで今の会社に入社したのですが、数年間、国内の得意先を担当した後、何の前触れもなく、「君、来週から海外営業をやってくれないか」と言われて今に至ります。それが今から6年前。うちの会社は、工業製品の製造業で法人取引を主としていますが、かなり地方にあり、基本的に地元の人間が大半です。

しかし中途採用者が多いのも特徴で、私もそうした一人です。前職でも法人営業をやっていましたが、国内一筋でした。今の会社にも国内営業ということで応募し、採用されたわけですが、面接の時にはなぜかTOEICスコアについて「突っ込み」が入りました。あとから知りましたが、中途採用の応募には必ずTOEICや英語系資格を書いておく必要があり、ない場合は書類選考で落としているということでした(ただ、留学経験者は例外)。

「500点とあるが、英語はあまり得意ではないのか」「英語を勉強していく気はあるか」「海外へ行ってくれと言われたらどうするか」などなどこれもあとから知りましたが、採用面接では海外営業を所管する取締役も同席しており、小さな会社ゆえ、いろいろと可能性については考えていたようです。

新しく配属されることになった海外営業部の面々とは、仕事をするのは初めてでしたが、社内のイベントなどではちょくちょく顔をあわせており、顔見知りではあります。現在は4名で、私を入れてちょうど5名編成になります。会社全体の売上の50%は、この部署が持っていることになるわけですから、小さな会社とはいえ、身の引き締まる思いがしたのを覚えています。なお、同じ部署のメンバーは以下の通り。

海外営業部のメンバー

ボス
マッチョな上司。毎月国内にいるのは1週間くらいで、あとは世界のどこかにいますが、予定を部下たちに正確に伝えない癖があり、米国に出張していると思っていたらウクライナにいた、とかそういうことがよくある人です。「筋肉」について並々ならぬ拘りがあるようで、たまに熱く語ります。出張によく行くエリアは、米国、ロシア(旧ソ連圏全般)、中国、台湾など。なお、部下の担当する顧客やエリアにも同行することがあるため、世界中どこにでも行きます。酒に異様に強く、出張すると顧客とのコミュニケーションということもあり、昼間からかなりのペースで飲み、誰とでも仲良くなってしまうという特技の持ち主。情にほだされて、取引先から騙されそうになることも。
お嬢
子供時代はイギリスで生活していたという帰国子女で、パンク、ロックといった音楽が大好き。20代後半で、海外営業部のメンバーでは一番若いですが、英語はきれいなクイーンズイングリッシュを使います。もっともそれと同じくらいスラングや相手を罵る言葉も使いますが・・・。ヨーロッパを担当しています。ちなみに社内では誰に対しても丁寧語や敬語などの類を一切使わず、いわゆる「ため口」で話すため、よく注意されていますが、本人は気にしていない様子。資産家で良家のお嬢様ではないかと噂されていますが、真相は不明。
ヤンキー
ゴロツキ風でコワモテというか、町ですれ違ったら100%堅気(カタギ)には見えません。そこそこ上背があり、色の付いた眼鏡をつけており、頭はパンチパーマ、口ひげを蓄えたお人で、40代ですが、傍目には年齢不詳の不良中年です。柄も口も悪いですが、後輩の世話はよく焼きます。金色のネックレスをつけており、指にもなにやらいろいろな指輪を身につけています。一度、この指輪の一つをなくして非常に落ち込んでいました。担当する得意先や開拓する地域はアジア、中東、アフリカ等。
姉御
気風がよいというのでしょうか。正確な年は不明ですが、豪快に笑い、海外営業部のナンバー2にして、後輩たちの面倒見のよい先輩です。ヤンキーもお嬢も姉御には頭が上がりません。担当エリアは米国、オセアニア、カナダなど。仕事にはとてもとても厳しく、代金回収にも目を光らせているおかげで海外営業部がまわっているといっても過言ではありません。お嬢のよき理解者にして、教育者でもあります。

海外営業よもやま話

TOEIC対策、英語学習に使った教材